厄除 厄払い お祓い 大阪市 神社 運気 お宮参り 初宮 車 お祓い

qrcode.png
http://www.osakagokoku.or.jp/
モバイル版はこちら!!


 
各種祈願祭の受付
厄除・お宮参り(初宮)・お車のお祓い・安産祈願・除災招福(じょさいしょうふく・災いを祓い開運を招く)・七五三・地鎮祭等の各種祈願は下記までお申し込み下さい。
 
大阪護国神社
------------------------------------
〒559-0015
大阪府大阪市住之江区南加賀屋
1-1-77
TEL:06-6681-2372
FAX:06-6681-2227
-----問合せ時間 9:00~16:00-------------------------
 
097860
 

人生儀礼

   
大阪府最大の鳥居(高さ10.3m、柱回り3.3m)をくぐると豊かな緑に囲まれた約1万坪の広大な境内(サッカーグラウンド約4つ分)。当社は皇室の御崇敬も極めて厚く、天皇皇后両陛下を始め各宮殿下のご参拝も多く賜っており、年間を通して全国から多くの参拝者が訪れます。
 
厄除け・初宮(お宮参り)・除災招福(じょさいしょうふく・災いを祓い開運を招く)・お車のお祓い・七五三詣・安産祈願(戌の日のお参り)など諸祈願を賜ります。
 
予約不要(神社にお越し頂き社務所にて受付。そのまま本殿でのご祈祷へお進み頂きます)・無料駐車場あり(お車での場合は新なにわ筋を南向きにお越し頂きますとそのまま駐車場に入って頂けます。電車でお越しの場合は四つ橋線・住之江公園①出口を出ますと目の前が神社の入り口です)。
 
 
ご質問等は 06-6681-2372 まで。ご不明な点につきまして神職がお答え致します。
 
 

大型駐車場完備【50台】※無料でご利用頂けます。

大型駐車場完備【50台】※無料でご利用頂けます。
 
 

男性の厄年(平成30年度版)

男性の厄年(平成30年度版)
 
厄年 数え年 生まれ年
前厄 24 平成7年
●本厄 25 平成6年
後厄 26 平成5年
前厄 41
昭和53年
●本厄 42 昭和52年
後厄 43 昭和51年
還暦 61 昭和33年
 

女性の厄年(平成30年度版)

女性の厄年(平成30年度版)
 
厄年 数え年 生まれ年
前厄
18
平成13年
●本厄 19 平成12年
後厄 20 平成11年
前厄 32 昭和62年
●本厄 33 昭和61年
後厄 34 昭和60年
厄年
37 昭和57年
還暦 61 昭和33年
 

除災招福(災いを除き、開運を招く)

除災招福(災いを除き、開運を招く)
 
一般的な厄年(年齢)における厄除けとは異なる【除災招福(じょさいしょうふく)】という祈願がございます。私たちは日々の生活を営む中で、様々なアカやよごれ[厄]が心や身体についてしまっています。除災招福とは、そのようなアカやよごれを祓い清め心身をリセットすることで気持ちを新たにし、災い事が無いよう、そして幸運が巡ってくるよう祈願するものです。これは厄年のようなご年齢とは関係なく「何となく流れが悪い」「良くないことが続く」ような場合にお受けいただく祈願です。1件5000円お納めいただいております。
 

子ども神社詣(平成30年度版)

子ども神社詣(平成30年度版)
 
宮詣 性別 数え年 生まれ年
初宮詣

生後31日目
初宮詣

生後33日目

七五三詣
男女
3
平成28年
七五三詣

5
平成26年
七五三詣
7
平成24年
十三詣

13
平成18年
   
※上記の表は人生儀礼のお祓を受ける年齢の目安です。満年齢ではいけないというわけではありません。ご家族のご都合など考慮のうえ、ご相談ください。
 
数え年とは
数え年は日本古来の年の数え方です。誕生時に一才と数え、その後お正月を迎える毎に一才を加えていきます。そのため、誕生日前ですと、満年齢より二才多く、誕生日後ですと満年齢より一歳多くなります。
厄とは
人生では死別、病気や事故などの「負」や、周囲との不和や身体の不調を、などの「負」まで、様々な「負」の事柄が起こります。昔から日本人はその「負」を「厄」と考え、怖れ、神様の加護を願いました。
 
そして年齢を重ね、社会的立場が変化、転換する時期は肉体、精神的にも調子を崩しやすく、また事故や病気に遭いやすい等「厄」が降りかかりやすくなる為、特に注意したほうが良いと古来から言われてきました。それが「厄年」なのです。
<<大阪護国神社>> 〒559-0015 大阪府大阪市住之江区南加賀屋1-1-77 TEL:06-6681-2372 FAX:06-6681-2227